売る店を考える

売るものの状態を整えることはもちろん重要なポイントですが、高価買取を行ってもらいたいと思う場合最も重要なのはやはり「どこの店に売るのか」ということです。
最初にも述べたとおり、今や中古品の買取を行っている業者というのは数多く存在しており、それぞれの店舗ごとに違いが有るという状況にあります。その為、自分の売りたいと思っているものが、どこならば最も高く売れるのか、ということをリサーチすることが重要です。その際に利用することができる方法として「相見積もり」があります。

中古買取業者は今多くが「無料査定」というサービスを行っています。とりあえず無料で買取価格を査定してもらうことができるサービスです。売りたい物がある場合には、まずは利用を考えている復数の中古買取業者に無料査定をお願いし、価格の比較を行うのが良いでしょう。インターネット上などで写真や情報を元にして簡単な金額を査定してくれる簡易査定サービスを行っているような業者もあります。
こういった実際に見て判断するわけではない査定については、あくまでも仮査定であり、実際の買取額は変動する可能性があるためその点には注意をする必要がありますが、相見積もりには便利です。

綺麗な状態で

買取価格をより高くするために注意したいポイントとして、まず紹介するのは「綺麗な状態にする」ということです。
家具や家電などは、当然使っていれば汚れや傷が発生することがあります。そのままの状態で買取を行って貰う場合には、やはりその傷などの分が引かれてしまって安くなってしまう可能性が強いと言えるでしょう。そのため、可能な範囲で綺麗な状態にした上で買取を行ってもらうのがポイントとなります。
基本的に買取業者はものを買い取った後、自社内で清掃や点検などを行い、その上で商品として展示を行うようになりますが、やはり査定の段階で綺麗である、というのは評価を左右する大きなポイントとなるでしょう。

ただし、買取価格を向上させるために、過剰に綺麗にする必要があるわけではありません。高額な費用を掛けてまで綺麗にしたとしても、その費用以上の高価が買取価格として反映されるとは必ずしも限らないためです。あくまでもお金を掛けずにできる範囲内で綺麗にすることを心がけるようにすることが、最も高値に近付く方法だといえるでしょう。木材家具等の場合に、ニスなどを使ってツヤを出す、というようなことも基本的にはそれほど高い価値はありません。

買取ショップを使う

不要品の買取を行ってくれる店舗というのは、今ではかなり多くなりました。幅広い商品の買取を行ってくれるようなオールマイティ型の買取ショップもあれば、ジャニーズグッズの買取やカメラとその周辺機器など特定のジャンルの商品だけを取り扱っているような専門店型の買取ショップも存在しています。
模様替えや引っ越し、片付けなどをしている際に不要品が発生した場合、ただ捨ててしまうよりも、少しでもお金を得ることが出来、かつそのものも必要としている人に使ってもらうことができるというのは一石二鳥と言えるのではないでしょうか。

さらにもう1つのメリットとして「家電リサイクル料金」を節約できる可能性があることも挙げられます。
現在、四種家電と呼ばれる家電用品(エアコン・テレビ・冷蔵庫・洗濯機)の処分を行う場合、家電リサイクル法によってリサイクル料金が発生します。捨てるだけでも、お金が掛かってしまうということです。
買取ショップに買い取りを行ってもらうことが出来れば、このリサイクル料金をなかったことにすることができるため、買取料金が高くなくともプラスになることが多くあります。

それでは、実際に不要品の買取を行ってもらうという場合、どのようなことに注意をするべきなのでしょうか。せっかく売るのであれば、より高額に買い取ってもらいたいと考えるものかと思います。
高額な買い取りを行ってもらうためには、どのようなポイントに注意をするのが良いのか、ということについてこの先の記事で紹介します。